この記事は約 2 分で読めます。

 
「ルビーの指輪」と言えば、

人気のある韓国ドラマの一つです。

 

韓流に興味のない日本人だと、

「よく知らないキャストばかり。」

と感じる方も多いでしょう。

 

でも、

「ルビーの指輪」の

登場人物は数々のドラマに出演してきた

超人気俳優さん、女優さんばかりです。

 

では、そんな話題の

韓国ドラマ「ルビーの指輪」の

視聴率、あらすじ、キャスト

をまとめました。

韓国ドラマ「ルビーの指輪」の視聴率は?

3e48dc6107a5a905d3541c41f49adf8e-300x172 韓国ドラマ「ルビーの指輪」のあらすじ、キャスト、視聴率まとめ!

2013年8月~2014年1月

までKBSで放送され、

全部で93話もあります。

 

その視聴率は平均で13.8%で、

「最高視聴率は24.6%」でした。

 

最近のドラマは10%前後が多い中、

かなりの数字です。

日本だと人気の

「相棒」シリーズの

最高視聴率が23.7%と言われています。

 

「ルビーの指輪」の人気が、

どれほど高いものか分かるでしょう。

韓国ドラマ「ルビーの指輪」のキャストは?

3e48dc6107a5a905d3541c41f49adf8e-300x172 韓国ドラマ「ルビーの指輪」のあらすじ、キャスト、視聴率まとめ!

主要なキャストは以下の通りです。

〇チョン・ルビー(双子の姉)

⇒イ・ソヨン

〇チョン・ルナ(双子の妹)

⇒イム・ジョンウン

〇ぺ・ギョンミン(ルビーの恋人)

⇒キム・ソックン

〇ナ・インス(ルナの恋人)

⇒パク・クァンヒョン

〇ユ・ギルジャ(ルビーとルナの母親)

⇒チョン・エリ

〇チョン・チョリム(ルビーとルナの叔母)

⇒ビョン・ジョンス

〇ぺ・チャングン(ギョンミンの父親)

⇒チョン・ドンファン

〇パク・ギョンスク(ギョンミンの母親)

⇒キム・ソラ

 

素晴らしいのは

キャストだけと思いがちですが、

実は演出家のチョン・サンも

素晴らしい方なのです。

 

チョン・サンと言えば、

過去に演出した「若者のひなた」が

「視聴率58%」でした。

 

「ルビーの指輪」の最高視聴率24.6%も、

キャストと同時に彼の力も

最大限に発揮されたのでしょう。

韓国ドラマ「ルビーの指輪」のあらすじは?

3e48dc6107a5a905d3541c41f49adf8e-300x172 韓国ドラマ「ルビーの指輪」のあらすじ、キャスト、視聴率まとめ!

最後に「ルビーの指輪」の

「あらすじ」を簡単に紹介します。

 

優しくて穏やかな性格のルビー(姉)

ヤキモチのルナ(妹)は、

正反対の性格を持つ

二卵性双生児でした。

 

双子の姉のルビー

JMグループに勤務していて、

同じ会社の新任部長である

ギョンミンが恋人。

 

ギョンミンは過去にルビー

交際していたのですが、

事情があって別れたものの、

再開して復縁することになります。

 

一方、

双子の妹のルナはケーブルテレビの

リポーターとして勤務していて、

ディレクターのインスと

付き合っていました。

 

ただ、

上昇志向の強いルナとしては、

普通の家庭を望むインスに対して

つまらなく感じていました。

 

そして、

ルビーとルナの誕生日の朝、

ルビーの運転で2人は

外出することになります。

 

ところが、

途中で交通事故を起こして

2人とも病院に運ばれます。

 

ルビーは昏睡状態が続いているものの、

ルナは昏睡状態から回復に。

 

ここでルナはまさかの

「チャンスだ!」と思い、

事故を利用してルビー

なりすまします。

 

そして、

今までルビーとの交際に反対していた、

ギョンミンの両親も2人の

結婚に同意することになります。

 

かなりドロドロの展開

韓国ドラマになります。

 

どうでしたか?

 

かなり話題になったドラマですので、

観ていない人は一度レンタル等で

ご覧になってみてはどうでしょうか?

人気朝ドラ「半分、青い。」子役出演作とは?