この記事は約 2 分で読めます。

 
今、「壺男」なるものの存在が

話題になっています。

 

「壺」と「男」ということで

「壺を抱えた男」の話なのか、

あるいは、

「骨董品を鑑定する男」の話なのか

などと想像が膨らみますが、

正解は、

「壺の中に入った男」の話です。

 

正確には「話」ではなく「ゲーム」ですね。

 

それでは、そんな「壺男」とは

どのようなアプリなのか。

見てみましょう。

「壺男」とは?

「壺男」は元々パソコンで

遊べるゲームでしたが、

携帯アプリでも遊べるようになりました。

79512d91a367703566d4592728d4e8c0-300x169 「壺男」ってどんなアプリ?何が身につくの?

壺男アプリは、

実は「壺男」という名前ではありません。

 

正式名称は「Getting Over it」

日本語に直訳すると、

「それを乗り越える」です。

 

俗称「壺男」は知る人ぞ知る

「超」がつくほど難しいゲームです。

 

最初の段階で乗り越えることなく

断念する人が続出する一方で、

いかに早くクリアできるか記録に挑み続ける、

ハマる人はハマるといった

マニアックなゲームなんです。

「壺男」ってどんな姿?

「壺男」の見た目は外国人、

目、鼻、口は彫りの深い影で表情されています。

79512d91a367703566d4592728d4e8c0-300x169 「壺男」ってどんなアプリ?何が身につくの?

文字どおり、

人が入れそうな大きめの壺、

昔、埋葬時に使われたとされる

「甕棺」というものくらいの

底の丸い「壺」の中に入っています。

 

ゲームの開始とともに、

その「壺」の中から

おもむろに男がひょっこり現れます。

 

しかし、決して全身を晒すことはなく、

上半身だけ壺から出た状態です。

 

そして、

その男の手には柄の長さが

1メートル以上はありそうな

ハンマーが握られています。

 

ハンマーの一方は

平らで他方は尖っており、

このハンマーを駆使して

乗り越えていくのです。

「壺男」ってどんなゲーム?

「壺男」がゲーム開始とともに、

最初に乗り越えなければならないものとして、

「老木」が登場します。

79512d91a367703566d4592728d4e8c0-300x169 「壺男」ってどんなアプリ?何が身につくの?

多くの人が、この最初の「老木」すら

乗り越えられずに断念してしまいます。

 

壺に入ったままハンマーを駆使して

木登りをすることは非現実的です。

 

ここで「あり得ない」「やってられない」

と投げ出しても、

極めて普通の神経の持ち主と言えるでしょう。

 

そして、

「老木」にとどまらず、

垂直に切り立つ岩の壁や崖さえも乗り越え、

山頂のゴールを目指して

登り続けなければならないのです。

「壺男」が教えてくれることとは?

「壺男」として乗り越え続けることが、

我々に教えてくれるものがあるとすれば

それは「忍耐」です。

79512d91a367703566d4592728d4e8c0-300x169 「壺男」ってどんなアプリ?何が身につくの?

通常、全身を使ってする山登りを、

「壺」に入った状態で

一切足を使わないばかりか、

かえって邪魔になる

重い「壺」を身に付けたまま。

 

そんな条件下でやる

本当にいちいち難しいアプリです。

 

それを我慢強くやり続けるのには、

正に「忍耐」が必要です。

 

興味のある人は、

一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、アプリは

iPhone版、Android版

どちらもありますが、

有料アプリですので

その点はご注意ください。