この記事は約 2 分で読めます。

 
「探偵はBARにいる」と言えば、

大泉洋さん松田龍平さん

主演を務めている探偵映画シリーズです。

 

2011年に1作目、2013年に2作目

2017年に3作目が公開され、

1作目から全て見たと言う方もいれば、

1作品か2作品だけ見た

と言う方もいるでしょう。

 

この映画は1作目で

第24回日刊スポーツ映画大賞

石原裕次郎賞

第35回日本アカデミー賞(7部門)

を受賞した注目度の高いシリーズです。

 

そこで今回は

「探偵はBARにいる3」の興行収入

に合わせて、

全シリーズの興行収入をまとめました。

「探偵はBARにいる1」の興行収入は?

06e21fd10e85060603c670d77a3f249c-300x300 「探偵はBARにいる3」の全シリーズ興行収入まとめ!

「探偵はBARにいる1」は、

全国251スクリーンで公開されました。

 

初めの2日間だけでも

興行収入は1億7021万6900円

動員数は12万8800人

最終的な

興行収入は「12億2000円」

を記録しています。

 

こんな「探偵はBARにいる」は

テレビ朝日で3回放送されたのですが、

視聴率もまずまずです。

 

2013年5月12日

21時~23時10分放送⇒13.8%

2015年12月27日

25時50分~28時放送⇒⇒6.3%

2017年11月25日

14時15分~16時25分放送⇒6.8%

 

動員数が多ければ

スクリーンで見た方も多いでしょうし、

きっと放送された時間帯も

関係していますね。

「探偵はBARにいる2」の興行収入は?

06e21fd10e85060603c670d77a3f249c-300x300 「探偵はBARにいる3」の全シリーズ興行収入まとめ!

「探偵はBARにいる2」は1作目よりも

公開されたスクリーンが多く、

全国305スクリーンでした。

 

それでも前売り券の売れ行きが良く、

1作目との対比が170.9%を記録。

 

公開して最初の土日2日間の

興行収入は1億5466万6600円

動員数は11万7032人

まで昇りました。

 

そして、最終的な

興行収入は「8億9千円」

で、1作目よりは落ちています。

 

しかし、公開して

最初の週の

週末国内興行動員ランキングが2位

5週目の

週末国内興行動員ランキングが8位

を獲得するほどの人気ヒット作品です。

 

「探偵はBARにいる2」もテレビ朝日で、

3回放送されています。

 

2014年5月11日

21時~23時10分⇒10.2%

2015年6月28日

21時~23時10分⇒6.3%

2017年12月29日

25時20分~27時30分⇒2.2%

 

こちらも1作目に比べると、

やや視聴率が低めです。

「探偵はBARにいる3」の興行収入は?

06e21fd10e85060603c670d77a3f249c-300x300 「探偵はBARにいる3」の全シリーズ興行収入まとめ!

最新の「探偵はBARにいる3」は

2作目よりも公開されたスクリーンが増えて

全国334スクリーンで公開されました。

 

公開されて最初の3日だけでも

興行収入は2億771万7200円

動員数は16万7529人

を記録しました。

 

公開されて最初の3日の動員数を

過去の作品と比較すると、

・1作目との動員比⇒約103%

・2作目との動員比⇒約118%

作品を追うごとに

人気が出ていることがわかります。

 

スタートに関しては今までの作品で

最も良かったのですが、最終的な

興行収入は「8億5501万1100円」

を記録。

 

始めの数日で勢いが落ち着いたせいか、

残念ながら2作目の興行収入にも

追いつけなかったようです。

 

ただし、DVDでの口コミ評価は

1:☆3.7(6709件)

2:☆3.8(7706件)

3:☆4.0(1299件)

と上がっていますので、

面白さには磨きを増していると言えます。

 

ぜひ一度見てみて下さいね。