この記事は約 3 分で読めます。

 
巷では騒音によって

多くの問題が発生しています。

 

多くの人が遭遇するのが

近隣住民との騒音問題でしょう。

 

ご近所と揉めてしまうと

その後の住み心地にも関係してくる事から、

注意するか否かも悩む問題です。

 

ここでは

世の中にある「さまざまな騒音」

またどんな場合に

「警察に通報されるのか」

などを見て行きましょう。

騒音とは?

そもそも「騒音」とは何なのでしょうか?

 

日本には環境基本法と言う法律で

「典型七公害」

と言うものが指定されています。

・大気汚染

・水質汚濁

・土壌汚染

・振動

・悪臭

・地盤沈下

・騒音

人間が生きて行く中で「害」になる物

として「騒音」は認められています。

 

騒音にも種類があります。

 

騒音は一般的に

「大きすぎる音」や「耳障りな音」

として知られていますが、

昔はそれらの騒音に基準が設けられておらず

20世紀後半になってから

聴力への影響を考えて

“騒音値”が設定されました。

企業や公共で警察に通報される騒音とは?

①交通による騒音通報

201d1474ac67012ea62865c674fb3015-300x225 騒音で警察に通報された!どちらが正しいのかチェック!

交通量の多さや道幅の広さ、

車線の本数などによって

基準値が40デシベルから60デシベル

まで細かく設定されています。

 

道路において騒音の為に

通報された事があるのは

夜間の暴走や大きなクラクション音です。

 

頻繁に起こると周囲の住民は

睡眠を妨害されるだけでなく、

難聴や頭痛などを引き起こし

体調が悪化する事があります。

 

あまりにひどい場合は警察への

通報が行われるというわけです。

 

②工事現場による騒音通報

201d1474ac67012ea62865c674fb3015-300x225 騒音で警察に通報された!どちらが正しいのかチェック!

至る所で工事が行われているのを目にします。

 

工事現場では工事の

「開始時刻」と「終了時刻」

が定められています。

 

工事を行う際には周辺住民へお知らせが

配布されその中に時刻の記載もあります。

 

しかし、

記載されている(聞いている)

時刻になっても一向に工事が終わらない。

 

作業が休みのはずの日に朝から晩まで

大きな音を鳴らし続けていると

警察へ通報されます。

 

重機から発する騒音

大体70デシベル程度ですが、

工事の作業内容によっては

100デシベルを超える基準値

を示す事もあります。

マンションやアパートで警察に通報される騒音とは?

①近隣からの騒音

201d1474ac67012ea62865c674fb3015-300x225 騒音で警察に通報された!どちらが正しいのかチェック!

住宅では昼間の音よりも夜間の音の方が

何倍も人の耳には不快に聞こえます。

 

単身者で掃除洗濯が夜間になる場合は

休日にまとめて行ったり、

子供が小さく部屋の中を走り回る場合は

クッションマットを敷いたり、

音楽や話がうるさい場合は

防音の壁を置いたり、

できる限り音が周囲に

漏れないようにする努力が必要です。

201d1474ac67012ea62865c674fb3015-300x225 騒音で警察に通報された!どちらが正しいのかチェック!

201d1474ac67012ea62865c674fb3015-300x225 騒音で警察に通報された!どちらが正しいのかチェック!

一度人間関係がややこしくなると

騒音に対する感情が溜まった時に

「警察へ通報」

という形になってしまいます。

 

最近では、こんなことから

殺人事件も起こっているので、

自分にも非があると思う場合

気を付けましょう。

 

②低周波による騒音

201d1474ac67012ea62865c674fb3015-300x225 騒音で警察に通報された!どちらが正しいのかチェック!

あまり聞いた事が無い騒音ですが、

実は体への影響が大きい事がわかっています。

 

聞こえる人と聞こえない人がいるので

騒音として訴えても認められず、

「考え過ぎ」で片づけれる事も多いです。

 

例としてエコキュートの

ヒートポンプの音やエアコンの室外機音、

トンネル内の音などがあげられます。

これらは原因がわかって警察に通報しても、

あまり取り合ってもらえない事が多いです。

騒音で警察に通報されたらこれをチェック!

騒音の基準値は以下の様に表す事ができます。

人が静かさを感じるのは20~30デシベル。

気にならない程度の音は40~50デシベル。

うるさく感じる音は60~70デシベル。

我慢できない音は80~90デシベル。

聴覚に異常がでる音は100デシベル以上。

 

自分が普段発している騒音を知りたい場合

また、騒音問題の証拠を掴みたい場合、

騒音測定器が家電量販店や

無線を扱っているお店などで

手に入れる事ができます。

201d1474ac67012ea62865c674fb3015-300x225 騒音で警察に通報された!どちらが正しいのかチェック!

メール便等送料無料 デジタル小型騒音計 日本語説明書付属 【文具誌で紹介されました】 サウンドレベルメーター 防風スポンジ付属・最大値表示機能 騒音測定器 計測器 音量 音圧 SPL測定器 大声コンテスト M39M【RCP】

これで自分の出している音が

どれほどのものかまずは確認して、

それを動画で残しておくと良いでしょう。

 

もしくは事前に一度調べてみると

「警察に通報された」

なんて事にならずに済むでしょう。